1. HOME
  2. 機能・特徴

機能・特徴

デジタル点呼マネージャーは、点呼業務をデジタル化し、一元的に記録・管理できるシステムです。運行管理者の円滑な業務遂行支援や経営者・部門責任者のモニタリングや気付きをサポートする機能で、業務品質の向上やガバナンス強化を実現します。

デジタル点呼マネージャーの特徴

01

多様な点呼パターンに対応

多様な点呼パターンに対応

対面点呼、IT点呼、電話点呼、スマートフォンを利用した遠隔地IT点呼など、多様な点呼パターンをサポートします。すべての点呼をデジタル化して、クラウドでの一括管理を実現します。

02

運転手台帳や車両台帳もデジタル化

運転手台帳や車両台帳もデジタル化

点呼だけでなく、管理業務で必要となる車両管理台帳や運転手管理台帳もデジタル情報としてペーパーレス化を実現します。ドライバーの免許証情報をはじめ、教育や適性診断、車両の車検証情報や点検記録など運行管理で必要となる管理業務をサポートします。

03

バイタル測定機器の連携で不正防止・管理強化

不正防止・管理強化

ドライバーは簡単操作のシステムに従って点呼を実施。免許証不携帯や酒気帯び運転などシステムが違反乗務を防止します。また、最新のバイタル測定機と連動することで、ドライバーの体調も“見える化”が可能になります。

04

ひと目でわかるダッシュボードでタイムリーな状況把握

ひと目でわかるダッシュボードでタイムリーな状況把握

点呼情報はリアルタイム反映・蓄積され、見やすいダッシュボードで進捗や状況の見える化を実現します。また、情報はクラウドにて管理されているため、場所を問わず、タイムリーに状況照会やトレースが可能となります。

05

プッシュ通知・見える化で気づきを促進

プッシュ通知・見える化で気づきを促進

点呼の際にアルコール検知や免許証有効期限切れが発覚した場合、管理者に対しアラート通知を送信します。また、免許更新時期や車検時期を可視化し、うっかりミスや見逃しを防ぎます。

06

標準化で業務負荷を低減

標準化で業務負荷を低減

管理情報は全て安全なクラウドに保管され、各種情報照会や点呼記録簿の自動出力、必要情報の検索などが何時でも、何処でも可能になります。また、IT点呼業務にも対応しているため、点呼者の不規則な勤務形態の改善にも寄与します。

デジタル点呼マネージャー機能一覧

ドライバー
■点呼場パソコンアプリ
  • 免許証チェック(自動読取)
  • アルコールチェック(自動記録)
  • バイタルチェック(自動記録)
  • 血圧チェック(自動記録)
  • 体温チェック(自動記録)
  • 車両選択
  • 日常点検登録
  • 乗務前確認事項選択
  • 乗務前指示事項確認
  • 乗務後報告登録
  • 指示伝票出力
  • IT点呼呼出

■スマホアプリ
  • 測定者選択
  • アルコールチェック
    (自動記録)
  • 測定位置記録(自動記録)
  • 電話点呼呼出
  • IT点呼呼出
運転管理者・整備管理者
  • 点呼進捗・有期情報
    ダッシュボード
  • 点呼予定管理
  • 点呼履歴管理
  • 指示書・伝票保管
  • 運行管理者点呼登録
  • 点呼記録表出力(自動)
  • 点呼予定表出力(自動)
  • アルコール測定記録照会
  • アルコール検査記録簿出力
    (自動)
  • 従業員情報管理
  • 健康診断・適正診断
    ・教育記録管理
  • 事故歴・違反歴記録管理
  • 運転手管理台帳出力(自動)
  • 車両情報管理
  • 車検証保管
  • 購入・リース・保険情報管理
  • 定期点検・修繕記録管理
  • 各種点呼マスタ管理
  • 各種管理情報CSVデータ出力
  • 各種システム連携用API
経営者・部門長
  • 管理ダッシュボード
  • 点呼予実状況照会
  • 点呼記録表出力(自動)
  • アルコール検査記録簿出力
    (自動)
  • 拠点管理従業員情報照会
  • 運転手管理台帳出力(自動)
  • 拠点管理車両情報照会
  • 営業所登録
  • 管理ユーザー登録
  • 権限グループ制御
  • 検知アラート通知
  • 各種点呼マスタ管理

※◎は有料オプション機能となります。

※上記機能は2021年3月時点にて実装済みの機能一覧となっており、順次機能追加を実施していく予定です。

周辺機器

アルコールチェッカー

フーゴプロ FALC-11

フーゴプロ FALC-11®︎

― フィガロ技研株式会社

  • 【パソコン用】 小型で高性能・使い捨てストロー
  • センサー寿命:1年もしくは10,000回
フーゴスマートBt FALC-31

フーゴスマートBt FALC-31®︎

― フィガロ技研株式会社

  • 【スマホ用】持ち運び型・Bluetooth接続
  • センサー寿命:1年もしくは10,000回
呼気アルコール 検知器 ST-3000

呼気アルコール 検知器 ST-3000®︎

― サンコーテクノ株式会社

  • 【パソコン用】 据置型で堅牢性重視
  • センサー寿命:1年もしくは70,000回
アルコール検知器 ALBLO FC-1200

アルコール検知器 ALBLO FC-1200®︎

― 株式会社タニタ

  • 【パソコン用】汎用性バツグン・マウスピースタイプ
  • センサー寿命:1年もしくは20,000回
ソシアック・ネオ SC-502

ソシアック・ネオ SC-502®︎

― 中央自動車工業株式会社

  • 【スマホ用】 持ち運び型・Bluetooth接続
  • センサー寿命:1.5年もしくは10,000回

免許証リーダー

PR-700UDM

PR-700UDM®︎

― 株式会社デンソーウェーブ

  • 運転免許証のICチップ読取タイプ
fi-65F

fi-65F®︎

― 株式会社PFU

  • 運転免許証をスキャナで読み取るタイプ

バイタル測定器

簡易型心電心拍測定器

簡易型心電心拍測定器®︎

― 株式会社ニューロスカイ

  • バイタル測定記録管理
自動血圧計HBP-9030シリーズ

自動血圧計HBP-9030シリーズ®︎

― オムロン ヘルスケア株式会社

  • 血圧測定記録管理
赤外線体温計 FLIRSTP-300

赤外線体温計 FLIRSTP-300®︎

― フィンガルリンク株式会社

  • 体温測定記録管理

点呼業務における利用の流れ

  • 点呼前日
  • 点呼当日(乗務前)
  • 点呼当日(乗務後)
  • 終業時
  • 運行管理者
    運行管理者
    ①点呼予定登録
    ①点呼予定登録
    点呼予定日時、車両、ドライバー、配送先情報など点呼予定登録を行う
  • ③乗務前点呼
    ③乗務前点呼
    点呼登録された内容を確認し、対面にて乗務可否判断や伝票、備品などの受け渡しを行う
  • ⑤乗務後点呼
    ⑤乗務後点呼
    点呼登録された内容を確認し、点呼完了と運行日報作成指示を行う
  • ⑥点呼予定登録
    ⑥点呼記録表出力
    点呼業務終了後、点呼記録表の出力を行う
    ※翌日の①を行う
  • ドライバー
    ドライバー
  • ②乗務前点呼登録
    免許証やアルコール、健康状態、確認事項など乗務前点呼システム登録を行う
    ②乗務前点呼登録
  • ④乗務後点呼登録
    乗務後、アルコールチェック、健康状態、報告事項など乗務後点呼システム登録を行う
    ④乗務後点呼登録
  • 遠隔地での中間点呼が必要な場合は、スマートフォンまたは電話とモバイル型アルコールチェッカーにて中間点呼の実施
点呼前日
運行管理者
運行管理者
①点呼予定登録
①点呼予定登録
配車予定より点呼予定日時や車両やドライバー・配送先など点呼予定登録を行う
点呼当日(乗務前)
ドライバー
ドライバー
②乗務前点呼登録
②乗務前点呼登録
車両点検後、免許証やアルコール、健康状態、確認事項など乗務前点呼システム登録を行う
運行管理者
運行管理者
③乗務前点呼
③乗務前点呼
ドライバーの乗務前点呼登録された内容を確認し、乗務許可と伝票や備品の受け渡しを行う
点呼当日(乗務後)
ドライバー
ドライバー
④乗務後点呼登録
④乗務後点呼登録
乗務後、アルコールチェック、健康状態、報告事項など乗務後点呼システム登録を行う
運行管理者
運行管理者
⑤乗務後点呼
⑤乗務後点呼
ドライバーの乗務後点呼登録された内容を確認し、点呼完了と運行日報作成指示を行う
終業時
運行管理者
運行管理者
  • ⑥点呼予定登録
    ⑥点呼記録表出力
    当日の点呼予定が完了後、点呼記録表の出力を行う
    ※翌日の①を行う
ドライバー
ドライバー
遠隔地での中間点呼が必要な場合は、スマートフォンとモバイル型アルコールチェッカーにて中間点呼が可能

ご利用料金

提供形態:
サービス利用型サブスクリプション
(月額利用費)
初期登録費用

100,000円(税別)ご契約時のみ

plus
月額費用

基本利用料 10,000円(税別)1企業様/月

ドライバー利用料 1,400円(税別) 1ドライバー/月

オプション料金
  • スマホ点呼登録費用・利用料
  • 点呼情報API利用料・マスタ情報API利用料
  • 導入支援サポート

※アルコールチェッカー等機器に関しては購入となります。費用に関してはお問い合わせください。
※当該サービス対応機器であれば流用可能です。