デジタル点呼マネージャー

点呼・ドライバー・車両情報を
クラウドで一元管理!
業務品質向上とガバナンスを強化する

デジタル点呼
マネージャー

お知らせ

2021/04/08
NEWオンラインセミナー 運送業における手作業業務をデジタルでカイゼン
運送業のみなさま。日々の安全運転本当におつかれさまです。
ワクチン接種が開始されましたが、この厳しい状況がいつまで続くのかは未だに見えない状況で、ドライバーのみなさまの体調面など、さらに気遣いされる状況が続くのではないでしょうか。

本セミナーでは、運送業に関わる業務の手作業を、如何にして削減するか、
運送業2社での実績あるパッケージ製品のご紹介をさせていただきます。

トナミシステムソリューションズ株式会社
統合型運送業システム「Ktrn21」
業績の見える化・リアル化、正確な業務処理・収入漏れ防止、手作業分野の省力化などを実現

株式会社インフォセンス
統合型点呼管理「デジタル点呼マネージャー」
点呼のデジタル化で業務品質向上とガバナンス強化を実現

本セミナーはオンラインで開催します。皆様のお申し込みをお待ちしております。

■開催概要
開催日時 : 2021年4月26日(月) 15:00~16:00
定員 : 100名
参加費 : 無料 (事前登録制)
主催者 : トナミシステムソリューションズ株式会社, 株式会社インフォセンス

予定プログラムおよびお申し込みにつきましては、以下URLよりご確認ください。
https://www.info-sense.co.jp/seminar/TYO20210426.html
皆さまのご参加をお待ちしております。
2021/03/17
NEWVersion2.2 提供を開始しました。
この度、デジタル点呼マネージャー Ver.2.2として、以下三点の改善を行いました。

(1) ドライバー以外に対するアルコール測定機能の追加
安全対策の一環として、ドライバー以外でもアルコール測定と記録管理が可能な機能を追加しました。
アルコール測定結果はタイムリーにクラウド上に保管され、管理画面での確認や測定記録表の自動出力が可能です。

(2) 連携デバイス追加
ソシアック・ネオ SC-502(中央自動車工業株式会社製)に対応しました。
日本製の高品質電気化学式センサーを採用、モバイルタイプでありながら、測定結果・日時を本体に3,000件記録、 回転型吹き込みアタッチメントにより液晶画面をスマホへ向けて測定可能で、SIAAマークを取得した抗菌仕様のアルコール検知器です。 ※今後も継続的に連携製品を追加する予定です。
※記載の会社名、 製品名、 サービス名は各社の商標または登録商標です。
2021/03/05
Version.2.1 イベント展示のお知らせ
3月9日(火) ~12日(金)に開催される「第14回 国際物流総合展2021 in 愛知」の
KSR株式会社ブースにおいて、デジタル点呼マネージャー Ver.2.1を展示いたします。
是非お立ちよりの上、新たな画面デザインや、最新版の機能をご確認ください。
■イベント概要
(1)名称:第14回 国際物流総合展2021 in 愛知
(2)会期:2021年3月9日(火) ~ 12日(金)
(3)会場:Aichi Sky Expo (愛知県国際展示場)
(4)出展:KSR株式会社 (ブース番号 C-510)
(5)公式サイト:https://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/ltt2021/index.html
  

デジタル点呼
マネージャーとは??

デジタル点呼マネージャーは、IT点呼を含む様々な点呼業務に対応しているだけでなく、点呼情報・ドライバー情報・車両情報を一元的に管理できるクラウドシステムです。
企業のガバナンス強化、安全対策の徹底が求められるなか、運行業務を「見える化」し、すばやく情報把握できる仕組みを作ることで、経営者、部門長や拠点管理者、運行管理者の皆様を支援いたします。

デジタル点呼マネージャーにできること

Point 01

点呼情報・車両情報・
ドライバー情報を一元管理

点呼情報はクラウドで一元管理される為、場所や時間の制約なく確認することが可能になります。
また車両情報(点検記録やリース情報など)やドライバー情報(免許証情報や教育、事故や違反履歴など)も併せて管理できる為、“探す”や“調べる”など業務の手間が排除できます。

認定機器としてIT点呼に対応

Point 02

機器とシステムでカンタン・確実な点呼を実現

タッチパネルに対応したわかりやすいガイド型アプリケーションで、簡単かつ確実な点呼業務を実現します。
また乗務許可に必要な免許証チェックやアルコールチェックだけでなく、非接触型体温計、血圧計、バイタルセンシングにも対応(一部オプション)。
体調の見える化をおこなうことで、よりきめ細やかなドライバーケアを支援します。

機器とシステムでカンタン・確実な点呼を実現

Point 03

「IT点呼」に標準対応

「IT点呼」とはIT機器を活用した疑似的な対面点呼です。IT点呼をおこなうことでドライバーと運行管理者の場所的な制約が緩和されるだけでなく、勤務時間の負担軽減や労務コストの削減にもつながります。
デジタル点呼マネージャーは標準でIT点呼機能を備えています。

注)IT点呼をおこなう場合は「安全性優良事業所(Gマーク)」の取得が必要になります。

点呼情報・車両情報・運転手情報を一元管理

Point 04

プッシュ通知や見える化で
運行管理者の現場管理業務をサポート

異常発生時(アルコール検出や発熱)の即時メール通知(運行管理者やマネジメント層に向けて発砲)や、期限管理が必要な事柄に対する注意喚起アラート(免許証や車検期日の“30日前”といった設定期日に応じた画面表示) によって法令違反やトラブルの未然防止に寄与します。
システムの方から都度注意喚起をおこなうことで“忘れ”や“抜け”も予防します。

プッシュ通知や見える化で運行管理者の現場管理業務をサポート

Point 05

各拠点のモニタリングで
内部統制を徹底

ダッシュボード機能によって点呼の進捗のみならず管理上必要な情報をいつでも何処からでも確認することが可能になります。わざわざ現場や拠点に問い合わせを行う必要はありません。
コンプライアンスやガバナンス強化を支援します。またアクセス権の制御によって開示する情報レベルの制限も可能です。

各拠点のモニタリングで内部統制を徹底
ドライバー

機器とシステムにより
簡単かつ確実な点呼登録の実施

運行管理者(整備管理者)

様々な支援機能により
現場管理業務を円滑化

経営者・部門長

各拠点の点呼状況モニタリングにより、
内部統制強化を実現

こんな課題は
ありませんか?

トラック運送事業の経営者の皆さま、部門長の皆さま、点呼や運行管理について、
こんなお悩みはありませんか?

その1

運行管理者の業務負担や人手不足が深刻化している

その2

点呼情報の管理がバラバラで、確認したい情報をすぐに見つけられない

その3

免許証・車検の期限など車両情報や運転手情報も一緒に管理したい

その4

IT点呼に対応する機器を導入したい

 

選ばれる理由

山九グループのシステム開発会社が開発する、
ほかにはない点呼・運行情報の
トータル管理システム

デジタル点呼マネージャーは、点呼・ドライバー・車両情報を一元的に管理し、トラック運送事業における業務品質向上・ガバナンス強化を支援するほかにはないシステムです。山九グループのシステム開発会社・株式会社インフォセンスが、リアルな現場・マネージメント課題を解決する為の充実した機能を備えています。

デジタル点呼マネージャーが選ばれる理由

機能・特徴

ダッシュボードで点呼の予実や期限情報がひと目でわかる

ダッシュボードで
点呼の予実や期限情報がひと目でわかる

アルコール発覚のプッシュ通知や有期情報の可視化で抜け・漏れを防ぐ

アルコール検知時のプッシュ通知や有期情報の可視化で抜け・漏れを防ぐ

独自のバイタル測定器連携で不正・誤入力を防止

独自のバイタル測定器連携で
不正・誤入力を防止

1名から利用可能!ドライバーの増減にも柔軟対応

1名から利用可能!
ドライバーの増減にも柔軟対応

タッチパネルによるカンタン操作でドライバーもすぐに使える

タッチパネルによるカンタン操作でドライバーもすぐに使える